社会の窓から

社会の窓を開け放ち、世界の人々と交わろう。

青山潤三日記 2020.1.12


9日に香港経由で中国広州に戻ってきました。

日本での年末年始のアルバイト(マクドの深夜清掃8日間)を頑張り過ぎたために、大変なことになっています。

一つは、睡眠時間を逆転(夜→昼)しようとしたため、それに失敗して全く眠れなくなってしまったこと。やっと昨日あたりから、通常(夜中に寝る)の状況に戻りかけているところです。

もう一つは、眠れないまま、結構重労働の作業を続けたため、腰を完全に痛めてしまった。痛み止めの薬を飲んでも全然利かないほどの猛烈な痛さが続いています。

今回の中国では、大きな目的があります。

広州在住の日本人(奥さんは中国人)知人のK氏から、ユーチュブをやるように、と勧められ、それを実行することにしたのです。携帯電話が必須です。僕は携帯電話を持っていないため、アドレス登録や撮影は、モニカの携帯を借りて行うことにしました。

数回分の内容を箇条書きにしてパソコンにメモっていた(それを読みながら喋る)のですが、今日はモニカの時間がなく、外で食事をすることになって、部屋での本格作業は明後日(14日)になりました。
とりあえず、飯を食いながら、即興の自己紹介みたいな映像を約12分間撮ってみました(12分間と言うのは結構ありますね)。
明後日に改めて、4~5本は撮ろうと考えています。それをK氏に委ね、最低でも一年間続けます。
タイトルは、「香港デモの真実!」
サブタイトルとして、 「中国残留老人・青山潤三72歳が語る」
(直接「香港デモ」に触れるのは僅かですが、その背景について考える、ということで)
●「香港デモの真実!」
●「エルヴィスとビートルズの狭間で」
●「東アジアの生物地理を探る旅」
向こう一年間、それぞれ100本づつくらいアップ出来れば、と考えています。