社会の窓から

社会の窓を開け放ち、世界の人々と交わろう。

青山先生からのメール:2019.10.19

ギリシャからグルジアまでは、 相当な距離ですよ。ことにブルガリア周りの北ルートだと。正直、無事行きつけるのかどうか、心配しています。

これだけは必ず守ってください。

●一日最低一回は食事をするように(特にジョージには強く言っておいてください)。
●車の中でも良いので、必ず睡眠をとるように。
●運転をジョージ一人に任せず2人で交互に行うように。

僕の方は、相当ヤバイようです。昨夜は救急で病院に行き、点滴を受けました。血圧200を超えてるそうです。今日も状況(ドングリ後遺症、午後にはほとんど意識朦朧になります)は同じです。

ほぼ、無一文(正確にはあと1000円余)になりました。今日から食事抜き、スタートです。三日に一度くらい、食パンを食べれるよう準備しています。メールは出来なくなるかも知れません。

記事は、グルジアについて、落ち着くところが決まったら、載せてください。

1~8の順で掲載願います(3,4,5,8は、メールをそのまま掲載)。

「ユリ」と「ツマキチョウ」は、削除や差し替えが面倒ならば、そのままにしておいてください。そのうえで、「とりあえず保留」の旨の断りの訳注を入れておいてください。

6の「グルジア」の末尾辺りの下ネタは削除ねがいます(ちょっとみっともないです)。

最後(8のあと)に、もう一度、読者の方々への助けを求めておいてください。

(ツイッターとかフェイスブックとかが機能しているならば、それも利用してください)